外貨両替ドルユーロで余った外貨を売却してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とってもお久しぶりです、雪枝です。
コロナ渦ですっかりと海外旅行の機会もなくなってしまった昨今、更新も完全に止まってしまっておりました…。

さて、最近はいろんな影響で円安になっており、外貨へ両替する人はちょっと損した気分になってしまうのではないでしょうか。私はこの機会に、以前オーストラリアにいた頃に貯金していた現金と、カナダを旅行したときに持っていたお小遣いを売却することにしました。

空港などにもよくある両替カウンターへ行っても良かったのですが、今回は外貨を購入するときにも利用した、「外貨両替ドルユーロ」というところを利用することにしました。

早速外貨売却を申し込んでみた

売却したのは初めてですが、とっても簡単でした。

まずは売却したい金額を数え、こちらに入力

 

そうすると、そのページの下部に合計金額が表示されます。

10万円以上なら、銀行振込が無料だそうです。10万円未満の場合は、振込手数料が250円とのことでした。どちらにしても、現金書留で受け取るよりは手数料も安くて良さそうな気がします。

私はカナダドルとオーストラリアドルを売却しましたが、複数外貨を同時に売れるのは便利でいいですね。

合計金額を計算した後は、自分の名前や電話番号を入力します。私は銀行振込を希望したので、銀行口座の情報を記入し、確認画面に進んで申し込み完了です。申込みを完了すると、すぐに確認メールが届きました。

メールの中に、注意点や発送方法などが記載されています。

注意すべきポイント

一番注意すべきなのは、「硬貨は買い取ってくれない」というところです。売却可能なのは、お札のみだそうです。もし間違って硬貨を送ってしまった場合には、寄付に回されるということでしたので、希望されない方はご注意くださいね。(寄付の実績についてはこちらで見られるようです☺)

次に、お札の場合にも、「現在現地で流注しているものに限る」ということです。具体的には、こちらで確認可能です。

最後に、破損や汚れの激しいものは、代金引換500円を支払って返してもらうか、寄付してもらうか選択できる(が、買い取ってはくれない)というところです。

以上に気をつければ後は簡単です。

外貨の発送は、郵便局から簡易書留で

(私の拙い字が…..)

簡易書留を送ったことのない方には面倒臭そうに聞こえるかもしれませんが、実はこれも簡単。普通の郵便と同じように自分で用意した封筒に宛名書きをして、郵便局に持ち込み、「簡易書留で」と伝えるだけで大丈夫です。

念の為、郵便局のサイトを貼っておきますね。

発送は、ありがたいことに即日でなくても可能だそうです。”ご注文完了から2日後まで(土日・祝日を含む)の消印有効”と記載がありました。

気になる入金はいつ?

送った外貨がドルユーロさんに到着した時点で、受け取りのお知らせのメールが届くそうなのですが、なんとその翌営業日には振り込んでくださるようです。急ぎでお金が必要なわけではなくても、いつだろう〜まだかな〜と気にしながら待つのは嫌なのでありがたいです。。

 

 

外貨両替ドルユーロさんはレートもよく便利で簡単なので、私と同じように余った外貨が手元にある方は、円安のうちに売却を検討されてみてはいかがでしょうか。以上、とっても久しぶりの投稿でございました…!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*