【マイル初心者】20代限定JALカードの価値とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近JALのカードを申し込んだ雪枝なのですが、ANAにするのかJALにするのかで悩んだ末、決め手になったのはこのJALの20代限定で申し込める[CLUB EST]の存在でした。

 

これがあったので私はJALに決めたわけなのですが、何がそんなにすごいのかということや、年会費を払ってまでこの20代限定カードを申し込む価値があるのかどうかということについて、まとめてみたいと思います。

まずは概略から!

JALカード CLUB ESTとは

普通カードとESTカードの違いについて、簡単に一覧にまとめてみました。

普通カード

CLUB EST 普通カード

年会費

2,160

7,560円(2,160+5,400)

マイルの有効期限

36ヶ月(3)

60ヶ月(5)

サクララウンジの利用

5回まで(同行者1OK)

eJALポイント*プレゼント

毎年5,000円分

ビジネスクラスチェックイン

利用可能(国際線)

初回搭乗ボーナス(年ごと)

1,000マイル

1,000マイル

+FLY ONポイント2,000

ショッピングマイル・プレミアム年会費

3,240

無料で自動加入

eJALポイントへの交換

10,000マイル〜

100マイル〜

搭乗ボーナスマイル

5%プラス

※2016年6月1日からこのカードのサービス内容が変更になっている為、「クラスJ-eクーポン」がついてくるというものは古い内容になります。ご注意ください。

 

*eJALポイントとは

航空券やツアー代金など、JALへのお支払に使える電子マネー。普通の席よりも広めな”class J”シートへの変更料にも使える。

 

こうしてみただけでもなんだか普通カードとは随分違うように見えますが、重要なのはCLUB EST自体にも年会費5,400円がかかるということと、5,400円分の価値がありちゃんと使い切れるのかというところ。

 

そのあたりについて細かく考えて行こうと思います。

 

マイルの有効期限が2年間も伸びる

マイルの有効期限が伸びることにより、より特典航空券(マイルで交換できる航空券)で遠くへ行けるようになります。これはかなり大きなメリットです。

 

他のカードの場合、ダイヤモンド会員やプレミア会員などかなりの上級会員であればマイルを無期限で貯めることが出来るようになっているようですが、5年間まで有効期限があるのは55歳以上で限定加入できるJMB G.G WAONカードの会員さんと、このCLUB ESTカード会員のみ。

 

かなり希少価値のあるステータスだといえます。

eJALポイントが毎年5,000ポイントもらえる

先に少しご説明したとおり、eJALポイントとはJALへのお支払に使える、殆ど現金のようなポイントです。(1ポイント1円)

 

このポイントの有効期限は1年間ですが、1年に1回JALの飛行機に乗るのであれば、その時の支払いに利用すれば良いだけなので、単純に5,000円分の割引として使うことが出来ます。このポイントを毎年5,000ポイントもらえれば、CLUB EST年会費の5,400円もこれだけでもとが取れたと言っても過言ではありません。

 

ショッピングマイル・プレミアム自動加入

通常クレジットカードの支払いでは、200円=1マイルとして換算されますが、このショッピングマイル・プレミアムに加入していればその2倍、100円=1マイルとして換算され、更に特約店であれば4倍のマイルが貯まります。

 

通常、ショッピングマイル・プレミアムに加入するにはカードの年会費とはまた別に3,240円の年会費がかかるのですが、CLUB ESTであればそれが無料で自動加入になります。その為、5,400円のCLUB EST年会費は実質2,160円と考えることも出来ます。

 

年5回、サクララウンジの利用ができる

国内17の空港にあるサクララウンジを利用できます。このラウンジは通常上級会員か、3000円を支払い事前予約をした人しか使えないようになっています。

 

それがこのCLUB ESTのカードを持っていれば、年5回まで無料で、しかも予約無しで、更に同行者1名まで一緒に入ることが出来ます。マッサージチェアやフリードリンク、シャワールームやスマートフォンの充電等、全て自由に利用できます。

 

(ちょっとリッチな気分!?)

 

年会費を払ってでも入会するべきかどうか

結論から書くと、1年に1回以上JALの飛行機に乗るのであればという条件付きで是非20代には加入をおすすめしたいカードです。

 

年会費が+5,400円となるこのCLUB EST。普通カードであっても年に7,560円がかかります。その維持費を支払ってでも入会するべきかどうか、というところが問題なのですが、こちらの記事でお話したとおり実際に5,400円の元は取れてそれ以上の価値はあります。

 

このような特典が盛りだくさんのカードの場合、実は上手く使い切れず逆に年会費が高くついてしまうというケースも少なくないようなのですが、このカードであればそんな心配もなく、特典も使いやすいものばかりです。また、年に数十万円以上JALで航空券を購入しているような上級会員や限られたステータスのカードにしかついていないような特典もついています。

 

ただeJALポイントやラウンジの利用、ビジネスクラスチェックイン、搭乗ボーナスなど、飛行機に乗らないのであれば使うことが出来ないような特典も多いので、あくまでも1年に1回は飛行機に乗る方にはおすすめしたいカードです。

 

JAL公式:JALカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*