機内用まくら クッション枕vsエア枕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回旅行へ行くにあたり、機内用枕を購入しました。以前100円で購入して失敗していたので、今度は品質の良さそうなものを、ちゃんと試着して決めました。

が選んだのは無印良品のフィットするネッククッションという商品。クッションが入っていて、前でベルトを留められるタイプの商品です。

 

が選んだのは、ソロツーリスト 旅マクラ。空気を入れて膨らませるタイプの枕です。

 

2人で交換して使ったりしてみて、それぞれにいい点があったのでご紹介します。

無印良品 フィットするネッククッション

機内で使ってみるまで分かりませんでしたが、この枕のメリットは伸ばして使うことが出来るという点でした。

 

前にベルトがついているので、これを外して真っ直ぐにすることで、足置きにしたり、腰の後ろのクッションとして使ったり、壁と頭の間に挟んでみたり。首の周りに巻く以外にも色んな使い方ができました。

 

空気を入れるタイプの場合、当たり前ですが空気を入れれば必ず同じ形になり、伸ばして使うことはできません。盲点でしたがここはこの枕のほうがいいなと思ったポイントでした。

 

ソロツーリスト 旅マクラ



空気を入れるタイプの枕は何と言っても小さくたためるところです。クッションタイプの枕だとそれ以上小さくはならないので、持ち運びの際にも少々場所をとってしまいます。空気を入れるタイプの枕であれば全て空気を抜いて小さく鞄にいれられるので、荷物を小さくまとめたい人にとってはポイントが高いと思います。

 

更に、空気のいれ具合で枕の硬さを調整できるという点も気に入りました。飛行機の椅子の形やかたさに合わせて、空気をパンパンに入れて大きく(かたく)することも、若干抜いてふにゃふにゃにすることもできます。これも、クッションタイプであれば調整できない点なので、空気枕のメリットです。

 

そしてもう一つ。この商品自体の気に入った点、肌触りが良いこと!

 

枕カバーにはオーガニックコットンを100%使用していて、首周りには柔らかい綿が入っています。長時間触れているものなので、やっぱり肌触りも重要です。

 

枕を選ぶときは…

*持ち運びの便利さ
*用途の多さ
*肌触り
*大きさ・硬さ

 

この4つを基準に考えてみてください! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*