ETASは専門の代理店さんに依頼。844円で二人分が取得できました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

たったの数日観光で行くだけでも、ビザが必要な国もあります。オーストラリアもそのうちの一つなので、今回メルボルンに行くに当たり、ETASという電子ビザの登録が必要となりました。


こちら↑↑

 

オーストラリア移民局の公式ページから申請する場合、このページからの申請になります。申請費用は$20かかるようです。しかし今回私たちは、ここからの申請ではなく、ビザ専門の代理店さんへ依頼しました。

 

お願いしたのは、こちらの「ビューグラント」さんです。

http://shop.viewgrant.com/

自分で手配すれば$20(大体1,700円)かかるものも、こちらに依頼することによって通常料金500円で代理申請してもらうことができます。さらに、私たちはまだ出発まで1か月以上あったので、「早割」を利用し、税抜390円で依頼することができました。

 

それでは、申請から取得まで、どのような感じで進んでいったのか振り返ってみます。

 

まず、オーストラリアのETAS、早割の画面を開くとこんな感じです。必要人数を選択して、申し込み手続きへ進むのボタンを押します。(ここでは一人分になっています。)

 

 

そうすると、金額の確認が表示されるので、レジへ進むを選択。普通のインターネットショッピングみたいな感じですね。

 

次の画面へ進むと、申し込み者情報の入力ページに移ります。必要項目を全て入力して次の画面へ進んでください。

 

 

次の画面へ進むと、登録されたビザの配送方法について選択することができます。私、雪枝はメール対応しか使ったことがないのですが、メールでも十分だと思います。どうしても書面で欲しい方は、郵送やファックスなどを選択すると良いのかもしれません。

 

 

この選択が終わり、決済を済ませると、申し込みは完了です。 あれ、パスポートの情報とか入力してないけど? と思われますよね。そのような情報の入力は、また別で用意されているんです。

 

申し込みを完了すると、「クレジットカード決済完了通知メール」と「【ステップ2】 パスポート情報フォームのご案内」というメールが届きます。このステップ2のメールの中にあるURLからパスポート情報を入力するページに移ります。

 

開いてみるとこんな感じになっているので、依頼した人数用のページを開きます。2人用を開くと、二人分の情報が入力できるようになっていました。 クレジットカードで決済を済ませている方の場合、このフォームを書いて提出したら、あとは待つだけ! あとから訂正すると余分な費用が掛かりますので、しっかり内容を確認してから送信してくださいね。

 

情報入力完了後は、「パスポート情報のご提供有難うございました」というメールが届きます。

次に、手続きが開始されたタイミングで「ご入金確認・作業開始のお知らせ」というメールが届きます。

これより、以下の日程を目安として申請作業を行います。

早割、通常サービス:5~7日程度
優先対応サービス:1~2日以内

 

3日後出発なのにETAS忘れてた!! という人は、優先対応サービスが使えそうですね。
最後に、「ETAS登録完了通知」と「登録完了及び証明書送信のご案内」が届いて終了です。登録してもらった内容をしっかりとチェックしましょう!

 

因みに、私たちは申し込みが2月1日、登録完了通知が来たのは2月7日でした。1週間くらいですね。これでビザの取得は無事完了です。
 

https://はきたび.jp/2016/06/01/post-7/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*