海外旅行の必需品!外貨専用プリペイドカードとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2743-close-up-of-us-dollars-and-coins-pv

 

海外にお金を持って行く際、いつ・どこで両替するのがおトクなのか、現金で持って行っても大丈夫なのか、クレジットカードは持って行くべきか、など…。

 

沢山の疑問点や考えるべきところがあるような気がしますが、それを一気に解決してくれる存在が、この海外専用プリペイドカードです。長期滞在・短期滞在かかわらずに使えます。

 

海外専用プリペイドカードとは

 

海外専用(外貨専用)プリペイドカードとは、簡単に言うと日本でカードに入金しておいて、海外で現地通貨(ドルとかユーロとか)をATMから引き出したり、そのままカードで買物をしたりすることの出来るカードです。

 

このカードを使うことによって、こんなメリットがあります。

現金を持ち歩く必要がない

カードに入金してしまえば、後は現地でカードを使って買い物をしたり、ATMで引き出しを行うことができるので、現金を持ち歩く必要がありません。

現金は一度失くしてしまうといくら持っていたかという証明ができない為、盗難などにあってしまった場合にも殆どの場合は残念ながらそこで終わりです(T_T)お金が返ってくることはありません。

 

しかしカードの場合は、利用停止を行うことによって残金を守ることができるので、現金よりも安心です。

PAK73_kaigainookane20140531_TP_V

日本にいる人から簡単に仕送りが出来る

 

留学などで長期滞在の場合、日本から生活費を送ることが必要になるかもしれません。

 

銀行送金を使うこともできますが、銀行からの海外送金は書類などの記入が煩わしく、現地に銀行口座を持っていないと行うことができません。
おまけに、送金手数料が数千円かかります

 

このカードであれば、滞在先の国の銀行口座を持っている必要はなく、専用口座に日本円で振り込むだけで送金が完了します。

 

手数料も、通常の振込手数料数百円ですみます。

 

両替をしなくても良い

UNI16040516IMG_0017_TP_V

 

現金で持って行く場合、空港や両替所などで両替を行う必要ががありますが、このカードの場合は日本円で入金しておくだけで良いので両替の手間がありません。

 

現地のATMを使えば、日本円で入金しておいた分だけ現地の通貨を引き出すことができ、お店ではデビッドカードのように使うことも可能です。

 

その他にも沢山便利な点はあるのですが、簡単にまとめるとこんな感じです。

 

そして、このようなカードは審査やカード発行手数料も必要なく、オンライン申込みで簡単に手にすることができます。実は多くの会社が似たようなカードを出しているので、カード選びに迷ってしまうのが本音なのですが、私たちyukiehiroが過去に利用した経験のある、2枚のカードに絞って、別の記事で細かくご紹介しようと思います。

 

こちらのカードを使う以外でのお金の持って行き方については、こちらをご参考ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*