依頼したくないエージェントの見分け方4つ 留学エージェント選び -その3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_4877

 

留学エージェント選びシリーズ、第3回目になりました。
これまでは、無料エージェントと有料エージェントの違いや、そのエージェントに依頼をすべきなのか自分ですべきなのか、ということをお話してきました。

 

今回はエージェントに依頼する場合、利用を避けたいエージェントを見分ける4つのポイントについて考えてみようと思います。

 

インターネット上の口コミを使う

woman-using-her-iphone-at-home-office-picjumbo-com

 

インターネット上には、留学エージェントについて大量の口コミや評判が掲載されています。留学系の掲示板だけに限らず、Yahoo知恵袋などで「おすすめのエージェント教えてください」だとか、個人のブログに書かれていたりだとか、その形は様々です。

 

全てを鵜呑みにするのではなく、雪枝yukieはここで、悪い口コミだけをさらっと見てみる という方法をおすすめします。その内容を細かく見て全部を信じる必要はありません。さらっと件数だけ見る程度で大丈夫です。

 

そんな感じで見ていると、やっぱり多くの利用者から”質が悪い”と評価されたエージェントには大量の悪い口コミが見つかります。「ここを利用しましたが、やめておいた方がいいと思います」というようなものや「ぼったくられました!」だとか「騙されました!」などなど…。

 

インターネット上の情報は誰でも自由に投稿ができるため、それほど一つ一つの信頼度は高くないと思いますが、悪い口コミが沢山見つかったエージェントは、それだけ過去に多くのお客さんからマイナス評価をされて、満足してもらえなかったという証拠。

 

逆に評判のいいエージェントの場合には、わざわざ「エージェント名+ぼったくり」だとか、「エージェント名+悪徳」と検索しても何も出てこないところだってあります。

 

インターネット上の悪い口コミの数、一つの指標にしてみてください。

”無料”の範囲に注意

some-euros-in-cafe-picjumbo-com

 

無料エージェントとうたっているところでも、本当に最初から最後まで全部無料でやってもらえるのか、しっかり確認をしてみてください。中には「基本サポート無料」の無料エージェントとしているところもあり、何かと有料オプションが存在する会社もあります

 

例えば、ビザ申請についていうと、「代行申請無料」であれば、無料で申請を行ってもらえて発給まで責任を持ってもらえそうですが、「ビザ申請サポート無料」だとか「ビザ取得コンサルテーション無料」であれば、申請は自身で行い困ったときにアドバイスを求めるという形になると思います。そのようなエージェントの場合、申請を完全に依頼すれば有料サポートになるかもしれません。

 

admin-ajax「そうはいっても、やっぱり自分でやるのは不安だなぁ 全部英語だし。。」
エ「こちらで代行で承ることもできますよ!」
admin-ajax「ほんとですか!?」
エ「こちらで申請を行う場合、有料サポートになります」
admin-ajax「(全部無料じゃなかったのかぁ!?)」

 

どこまでを無料でやってもらえるのか、有料オプションはあるのかという点を最初にはっきりさせておきましょう。そのあたりの説明が不鮮明であるエージェントはやめておいた方がいいかもしれません。

 

有名会社なら安心?

busy-street-in-the-center-of-san-francisco-picjumbo-com

 

どこかで名前を聞いたことがあるような、そんな大手の有名な会社であれば、なんとなく信頼できそうな気がしますよね。

しかし、有名なエージェントが安心かというと必ずしもそうではありません。過去、大手有名エージェントが突然倒産し、留学費用を支払った、留学のために仕事を辞めた、家を引き払った…にも関わらず渡航できない人が出るという大事件もありました。

 

大手だから良い、悪い、というわけではありませんが、大手=安心という考え方は一度捨ててみてください

 

カウンセラーとの相性

girl-fashion-pose-with-gray-watches-and-suede-jacket-2-picjumbo-com

 

これまで色々お話をしてきましたが、エージェントを選ぶうえで結局一番大事なのはこれだと思います。

 

どんなに評判のいいエージェントでも、担当してくれたカウンセラーさんのことがあまり好きでなかったり、なんだかしっくりこないなと思ったらその会社はやめておきましょう。

 

その後渡航まで、もしかしたら渡航後にもお世話になる機会があると思います。観光旅行に行くのとは違いますから、実際に話してみて「この人にお願いしたいな」と思えたカウンセラーさんがいる会社に依頼しましょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*