変圧器は必要?海外旅行先でそのまま使える電化製品とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

young-woman-enjoying-ride-on-an-iconic-cable-car-in-san-francisco-picjumbo-com

 

日本と海外では電気の規格が異なるため、日本で使っている電化製品や充電器などを持っていっても、そのまま使えるものとそうでないものがあります。それでは、海外でそのようなものを使う上で、どこをチェックすればよいのか、何に気をつけていれば良いのかについて、お話していきます。

なんでそのままで使えない製品があるの?
海外で使えるものとそうでないものの見分け方
おすすめの解決策

 

なんでそのままで使えない製品があるの?

 

何でそのまま使えるものとそうでないものがあるのか…それは、対応する電圧が理由です。
電圧の単位はV(ボルト)で表しますが、日本の電圧は100Vです。そのため、日本の電化製品は100Vの電圧向けに作られていて、100Vの電圧が流れたときに正常な動作をするよう、製造されています。

 

100Vのみに対応した製品に、例えば200Vの電圧を流してしまった場合。電化製品は強い電圧に耐えきれなくなって、発火したり煙が出たりして故障します。

 

ただ最近は、100V〜240Vまでの幅広い電圧に対応した製品も沢山あります。そのようなものであれば100V以上(240Vまで)の電圧の国に行っても問題なく使うことが出来る為、海外でもそのまま使える製品と、使えない製品があるのです。

 

ちなみに、日本と同じ100Vの国はほとんどないようなので、海外に行くのであれば必ず注意が必要です。

海外で使えるものとそうでないものの見分け方

では、どれが使えてどれが使えないの?というところですが、見分け方は意外と簡単です。こちらについては、必ず製品自体にシールが貼ってあるか、記載があります。

例えば、こんな感じです。

img_6575

これは、私のカメラの充電器ですが、よく見ると小さな字で“INPUT 100-240V”と書いてあります。

 

このように、100V-240Vという記載があれば、240Vまでの国で使用することが可能です。携帯電話やカメラ、パソコンなどは殆ど240Vまで対応しています。その他充電器系もちゃんと対応していることが多いようですが、一応必ず確認をしてくださいね。

 

次にこの画像をみてください。(見づらい画像でごめんなさい。)

img_6577

 

これはヘアストレートアイロンですが、電圧は100Vとしか記載がありません。このようなものの場合、100V以外の電圧の場所での利用が不可になっています。チェックするべき所はこれだけです。

 

おすすめの解決策

それでは、上で出てきたような100Vにしか対応していない物を海外で使うにはどうしたら良いのかというと、変圧器を買うしかありません。ただ、私yukie的には、変圧器を購入するよりも海外電圧にも対応した物を買ってしまう方がおすすめです。

 

上で少しご紹介したように、パソコンやカメラ、携帯電話、恐らくシェイバーや電動歯ブラシも(?)充電器系のものは凡そ海外の電圧にも対応しているので、結局変圧器が必要になるのはドライヤー程度。

 

ドライヤーであれば、海外電圧に対応したものも安く手に入るので、これから長く海外に滞在する人や頻繁に海外に行く人には、いちいち変圧器をつなぐよりも、どこでも使えるドライヤーを1つ手に入れておいてはどうでしょうか。

ドライヤーに関する記事、更新しました!(2017.05.03)

http://xn--w8jtb6bs.jp/2017/05/03/post-1384/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*