液体物の機内持ち込み方法とルールについて-国際線-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

haneda160218160I9A9203_TP_V

国際線の機内に持ち込めるものとそうでないものについて、以前こちらの記事で概略をお話しましたが、今回はその中でも液体物の取扱について、より詳しく見ていこうと思います。

まず、液体物を飛行機の機内に持ち込むのにはいくつかのルールがあります。このルールに当てはめることが出来ないものについても、スーツケースに入れて預けてしまえば国際線の飛行機に載せることは可能です。それではどのようなルールがあるのか、具体的に確認していきましょう!

 

1つ分の容量は100ml(g)以下であること

これが大前提です!
通常、化粧水などは小さくても130ml程度あるので、機内に持ち込みたい場合には100ml以下の別容器に移しておく必要があります。

 

こんなのも売ってるみたいです。セットで買えるのは便利ですね。


AmazonでCheck!AmazonでCheck!

再封できる、透明のプラスチック袋に入っていること

これが2つめのルールです。100ml以下の容器に入れたものを、透明の袋に入れている必要があります。”再封できる”と言われてもピンとこないかもしれませんが、こんな感じで、こんな袋に入っていればOKです。

 

img_6582

 

きちんと100ml以下の容器に入れていても、このプラスチックバックに入っていない場合は持ち込みができないので、注意してください。更に、この袋の大きさにも規定があり、容量が1リットル以下である必要があります。大体20cm×20cmの大きさが目安です。(※マチ付きのものは不可です)

 

ちなみに、上でご紹介した100ml以下のケースのセットには、この袋もついてくるそうです。気が利きますね〜。

 

プラスチック袋は1人1つまで!

100ml以下の容器に入れて、1L以下の透明の袋に入れれば、いくつでも持ち込みが出来るわけではありません。1人1つまでと決まっています。

 

ただ、機内でどうしても必要になる医薬品や赤ちゃん用の飲食物はこの限りではないので、100ml容器に入れていなくても、荷物検査の際に説明をすれば通してもらえるようです。勿論、この例外を認めてもらう際にも“機内で必要な量”というのが前提になりますので、大量の持ち込みはできません。

 

実はこれも液体物扱い!

それでは最後に、意外と液体物だと認識せずに持ち込んでしまいそうになるものについて、いくつか書き出してみます。

飲食物・調味料系

*ゼリー、ヨーグルト、プリン
*味噌、みりん、酢、酒
*漬物
*缶詰
*マヨネーズ、ケチャップ、ドレッシング
*ジャム、マーマレード、ピーナッツバター等パンに塗るもの全般
*はちみつ
*豆腐、こんにゃく
*おろしにんにく、おろし生姜
*オリーブオイル、ごま油、サラダ油

 

s256_f_health_46_0bg s256_f_health_17_0bgs256_f_health_33_0bg

 

そんなの誰も機内に持ち込まないだろう…と言うものまで書いてみましたが、帰国の際、お土産品などでうっかりということもあるので、ちょっと気をつけてみてください。

 

衛生用品・化粧品類

化粧水のような完全な液体でなくペースト状のようなものでも、液体物扱いになります。

 

*ハンドクリーム
*ボディローション
*歯磨き粉
*ひげそりジェル
*リップグロス
*日焼け止め
*洗顔フォーム
*化粧下地クリーム

 

液体物の扱いに関するより詳しい情報については、こちらのページをご確認ください。航空局安全部空港安全・保安対策課航空保安対策室の出している正式な書類です。

http://www.mlit.go.jp/common/001105372.pdf

 

今回は液体物に絞って解説してみました。うっかり持ち込み荷物の中に入れていると、規定に反するものは全部没収されてしまいます。高価な物でも、空港到着直前に買ったばかりのお土産でも関係なく捨てられてしまうので、出発前に必ずチェックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*