在留届とは?提出義務のある人と、提出方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

officeconference-room-workspace-picjumbo-com

 

海外に長期滞在する場合は、どうやら「在留届」というものを提出する必要があるらしい。そんな話を聞いたことがある人も、無い人も、ちょっとこちらの記事で簡単におさらいしてみましょう。

在留届とは?
在留届の提出方法

 

在留届とは?

まず在留届とは、外国に3か月以上住む日本人の人が日本の大使館又は総領事館に提出する義務のあるもので、万が一の事件や事故が起こった際に、個人の所在地や緊急連絡先を確認し、援護するためにあるものだそうです。在留届の提出義務は、旅券法第16条という法律で定められています。

 

そのため在留届に記載する内容は、氏名・住所・連絡先・パスポート番号などの情報となっていて、日本の大使館または総領事館に提出を行うため、手続きももちろんすべて日本語です。

 

外務省のページを確認したところ、出さなかったら特に罰則があるというようなことは記載されていませんでしたが、3か月以上滞在予定の方にとっては義務なので、現地到着後、住む場所が決まり次第早めに出しておいた方がよさそうです。

 

在留届の提出方法

%e5%9c%a8%e7%95%99%e5%b1%8a

 

在留届はインターネットから提出を行うことができます。右側の[ORR net]が在留届にあたります。(3か月未満の方には[たびレジ]というものが用意されているようです。)FAXや郵送、持ち込みも受け付けているようですが、インターネットで行うのが一番手間がかかりません。

 

こちらのページを開くと…

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

 

このような画面が開くので、メニュー左上の「在留届を提出する方」を選びます。そうすると、注意書きなどが表示されるので、「同意する」を選び、その先に進みます。そのあとは、自分の滞在都市からスタートし細かい情報を入力していくだけです。

 

帰国をした場合やお引越しをした場合には、変更届を提出する必要がありますので、お忘れなく!

 

ちなみに….例えば何カ国にも渡って外国に滞在する場合、日本にいない期間が3ヶ月を超える場合には同様に提出の義務があります。そのような方は、最初の国に到着した時点で在留届の提出を行い、別の国に移った時点で変更届を出しましょう。

 

在留届の提出は意外と簡単にできるので、早めに済ませておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*