Made in Japanは素晴らしい. 雪枝とヒロの勝手に品評会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

guitar-strings-detail-picjumbo-com

 

こちらのページでは、ロンドンで留学生活を過ごしたヒロadmin-ajaxと、オーストラリアでワーキングホリデーを経験した雪枝yukieが、日本製品の質の良さを感じた事について、好き勝手にお喋りします。どうぞ最後までお付き合いください。

 

yukieヒロさん、今日のお題は日本製品の良さを感じた瞬間ということなのですが…
やっぱり一回外国で暮らしてみて、ちょっとした不便さとか違和感を味合わないとわかんないことだよねこれって。

オーストラリアで、特に私が滞在したメルボルンでは本当に何でも手に入るから、生活には困らなかったけどね。(干し椎茸とかあったよ。)

 

hiroそーねー。僕も生活には困らなかったけど、でもやっぱり日本の製品のほうがいいなって思うものはたくさんあったよ。ずっと日本にいたら、比較的安くクオリティが高いもの買えるからなかなか気づかなかったけどねぇ。
実際にイギリスで暮らしてみたら、「何だこれ…」って物いっぱいあったな…。

 

yukie
例えば?

 

hiro一番思ったのは、文房具かな。
消しゴムはちゃんと消えないし、ノートは書きづらいし、ボールペンは時々書けないのあるし…。日本で消しゴムなんて、100円で買えるけど、今思うと100円であんなによく消える消しゴムが買えるって、日本凄いと思う。

 

yukie あーなんか消しゴム消えないのはオーストラリアでもそうだったかも。
でもノートは、表紙とかが凄くお洒落なの、沢山あったな。
そういうノートは1冊1000円以上するから、なかなか買えなかったけど。

 

hiro
へぇ そんなのあるんだ。雪枝さんそういうの好きそうね。

 

yukie
(ばれた…。)

 

hiroあと、紙製品繋がりで、ティッシュも日本のがいいなって思った。
僕はよく鼻かむからね…!イギリスで普通に売ってるティッシュだと、何故か鼻の下が痛くなってたなぁ。

 

yukieそうなのか!ティッシュの質が悪いと思ったことはそんなに無かったけど、ポケットティッシュの概念がなんか違うとは思ったね。
ティッシュを袋から出したら、結構大きくてさ。日本のポケットティッシュの3倍くらいありそうだったよ。だからなのか、何回も同じティッシュ使いまわしてる人いた。レストランの紙ナプキンみたいな質感なんだよね。確かにあれで鼻をかむと痛そう。

 

hiroこういう日用品のちょっとした違いって、面白いよね。
なんか他にある?

 

yukie食品用のラップかな!オーストラリアのスーパーで買える安いラップとかって、あんまりちゃんとくっついてくれないんだよね。
だから、日本からオーストラリアへ行くときの手土産として、ラップを持っていく人もいるらしいよ。

 

hiroそうなの!? でもラップがくっつかないのはイギリスのも同感です。
ちなみに、ラップって英語で何ていうか知ってる?

 

yukie
Cling film かな!

 

hiro
ぐぬぬ…正解。

 

yukieあ、あと、別に買ってないから使い勝手はわかんないけど、傘の種類が少ないな、とも思った。色も少なくて、黒・赤・レインボー…。
日本みたいに色んな柄とか形とか色のデザインは無かったと思う。
折りたたみ傘もね。でもよく考えたら、あんまりオーストラリアの人って雨降ってもちゃんと傘ささない人多い気もする。だからなのかな。

 

hiro僕はイギリスで折り畳み傘買ったことあるよ。2回も!
でも結局2回とも金具がすぐに取れたりして、4−5回使ったところで壊れちゃったから、結局イギリスの無印で高い日本製の折り畳み傘買ったんだよ。
結構レインコートだけ使って、傘さしてない人も多かったし、それが傘の作りがよくならない原因なのかもね。

 

yukieそうかもね。そう考えると、なんか国民性が見えて面白いかも?
まぁとりあえず、ここまで取り留めもなくお喋りしてきてしまったので、一旦まとめようと思います。

 

今日のまとめ

・日本の文房具、ラップ、傘は値段の割にクオリティが高い。
・海外製品のクオリティを見ると、その国の文化が見えてくる(かもしれない)。

 

yukie
結構長くお喋りをしていましたが、まとめるとたったの2行で終わりました。
お付き合い下さり、ありがとうございました。
もしかして、誰かの参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*