海外の空港で、これだけ覚えとけば大丈夫!な英単語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

D157_hi-suro-kuukou_TP_V

 

海外旅行に行くとき、多くの人にとって不安要素になるのが、英語、言葉が通じないことかもしれません。でも言葉って結局、簡単なことであれば、単語と身振り手振りだけでもある程度は伝わります。

 

例えば、駅がどこか知りたい時、[Where is the station?]と聞きますが、[Where?? Station??]でも、駅がどこか知りたいのかな、と分かります。確かに、[Where?? Station??]では、ちょっと格好悪いかもしれませんが、こんな感じで単語さえ覚えておけばなんとかなる状況も多いので、空港で必ず見かける英単語を紹介します。

 

各場所・設備の名前
各手続き
入国審査でつかう言葉
その他

 

PAK160219310I9A0094_TP_V

各場所・設備の名前

空港: airport
国内線ターミナル: domestic terminal
国際線ターミナル: international terminal
税関: custom
搭乗口: boarding gate
公衆電話:pay phone (public telephone)
免税店:duty-free shop
荷物受取所:baggage claim area

 

各手続き

搭乗手続き:check in
荷物を預ける: baggage check in
身体検査: security check

 

haneda160218160I9A9203_TP_V

入国審査でつかう言葉

目的: purpose
休暇: holiday
就学: study
仕事: business

目的地: destination

滞在場所: accommodation
ホテル: hotel
ホームステイ: homestay
親戚の家: relative’s house

 

その他

乗客: passenger
乗り継ぎ: transfer
便名: flight number
予約番号: booking number
搭乗時間: boarding time
遅延:delayed
欠航: canceled
搭乗券: boarding pass
機内持ち込み手荷物: carry-on baggage

 

基本的なものはこんな感じです!

 

 

 

ちなみにもう一人の運営者、ヒロhiroは、初めて海外に行った時、「予約=reservation」だと思っていたので、booking,book と言われた時、何のことかわからなかったそうです。

 

でも、bookが予約という意味だと知った後に、そういえば2重に予約が入ってしまっている時、ダブルブッキングという言葉を使うことを思い出し、これはこの booking から来ていたのか! と、納得したとのことでした。

 

勿論 reservationも予約という意味ですが、bookにも同じような意味があり、イギリスでは reservation よりも頻繁に使われるみたいです。

 

厳密には少々違う意味の単語みたいなので、気になる方は [reservation book 違い] で検索してみてください!

 

 

最後に。 旅行前は、こんな本もお勧め。 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*