メルボルンでバスキングを始める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0908_Fotor

私はオーストラリア・メルボルンにいた頃、路上で楽器を演奏したり、歌を歌ったりしていました。

日本でストリートパフォーマンスをしている人と言うと、これからミュージシャンを目指すデビュー前の若者のようなイメージがあるかもしれませんが、メルボルンではそうでもありません。

 

IMG_1437_Fotor
こんな素敵なおじいちゃんたちだって演奏しています。日本ほど敷居が高くなく、文化の一部です。

 

そんなわけで…こちらのページでは、メルボルンのストリートパフォーマンス事情と、その始め方についてお伝えしたいと思います。

ストリートパフォーマンス=バスキング!
正直、コインはもらえるの?
許可証3つのタイプ
バスキング 許可証の申し込み方
講習会に参加する

 

ストリートパフォーマンス=バスキング!

まずはじめに…日本では聞き慣れない言葉ですが、ストリートパフォーマンスの事をバスキング[Busking]といい、バスキングをする人のことをバスカー[Busker]と呼びます。

 

バスキングは楽器演奏に限らず、大道芸やバルーンアートなども含まれます。オーストラリアの中でも特にメルボルンはバスカーの多い街で、週末の夜などはいつもバスカー達と、それを見る人達で賑わっています。

 

正直、コインはもらえるの?

 

別にお金がほしいわけではなくても、1ドルも貰えないなんてちょっと寂しい。でもそこはあまり心配しないでください。

 

腕前にもよるかもしれませんが、頑張ってやってれば少しは貰えるはずです。メルボルンにはバスキングの文化が浸透しているので、バスカーに足を止めたりコインを投げたりするのは街の人達の日常の一部です。

 

IMG_1811

 

そしてこれはある日の私達の収入、パイナップルとグレープフルーツをもらいました。その他にも、お酒のボトルやお菓子をもらったこともありました。中にはたった1時間で数百ドルを稼ぐようなバスカーもいます。それだけで生計をたてているような人たちです。

 

そんな人達に比べると、私の収入なんて取るに足らないものでしたが、単純に時給だけで考えると、日本でバイトをするよりも貰っていました…!!

 

既にある程度得意な何かがある人であれば、コインが全く入らないという心配はいらないんじゃないかと思います。

許可証3つのタイプ

メルボルンでバスキングをするには許可証を取る必要がありますが、許可証は下記3つにわかれています。

 

1.General Area, Pavement Art and Circle Act Performers without Dangerous Goods
危険物を取り扱わない、一般のパフォーマー向け。
殆どの人はこれです。

2.Circle Act Performers with Dangerous Goods
火などの危険物を使う人向け。
ファイヤーポイとかかな?

3.Bourke Street Mall
メルボルンのメインストリートでパフォーマンスを行う、玄人向け。
技術と経験が必要です。

 

この3つがあります。私が持っていたのは、1番の許可証です。

 

バスキング 許可証の申し込み方

ここでは、私の持っていた上記1番の許可証の取り方について説明します。

 

先ずはメルボルンのCity Councilの、Busking permitsのページを開きます。

 

スクリーンショット 2016-07-27 20.13.15

ここからオンラインフォームに記入してきます。

スクリーンショット 2016-07-27 19.43.16

上から順番に…

Title:敬称(Mr , Msなど)
Given name:名
Surname:姓
Address line1/2:住所
Suburb:地域(区)
State:州
Postcode:郵便番号
Phone number:電話番号
Email address:メールアドレス

 

全て入力したら、Nextを押して次のページに進みます。

スクリーンショット 2016-07-27 19.44.31

許可証の種類を選びます。ここでは、一般の許可証なので、General Areaを選んでいます。

 

スクリーンショット 2016-07-27 19.44.46

この質問は、バークストリートモール(3番の許可証)なので、一般の許可証を取る場合は記入せずに飛ばします。

 

スクリーンショット 2016-07-27 19.44.53

許可証の有効期間を選びます。3ヶ月のみの場合は$10、12ヶ月の場合は$20 です。

 

スクリーンショット 2016-07-27 19.45.09

もしバスキング中に物販をする予定であれば、ここに記入します。例えば、楽器を演奏しながら、CDを売りたい人等。

 

スクリーンショット 2016-07-27 19.45.22

パフォーマンスの内容を記入します。使う機材などを書き、どのような事をするのかについて簡単に記入します。

 

スクリーンショット 2016-07-27 19.45.30

危険物を取り扱う場合はここでYesを選ぶ必要がありますが、一般の許可証の場合は取り扱わないのでNoのままで進めます。

 

スクリーンショット 2016-07-27 19.45.39

ひとつ前の質問で、Noを選んだ場合、この質問に回答する必要はありません。

 

スクリーンショット 2016-07-27 19.46.15

16歳以下の場合、両親の許可が必要になりますが、それ以外の場合は何もせずに進んでください。

 

スクリーンショット 2016-07-27 19.46.33

バスキング許可証規約の更新や、演奏会などについて、メールでのお知らせを受け取りたい場合、Yesを選びます。

 

スクリーンショット 2016-07-27 19.47.09

支払者の情報を記入します。メールアドレス、名前、住所です。

 

スクリーンショット 2016-07-27 19.47.20

これまでに記入したもののまとめと、規約が出てきます。一通り目を通したら、一番下に出ているチェックボックスをクリック。次のページに進みます。

 

スクリーンショット 2016-07-27 19.47.52

最後にクレジットカードの情報を記入して、フォームの提出は完了です!

 

講習会に参加

残念ながらオンラインフォームに記入して完了下だけでは許可は下りず、フォーム記入後に講習会に参加する必要があります。講習会の日程は限られているので、早めに予約をとっておく必要があります。

 

講習会は、先ほどのページの、Safety, Amenity and Performance Reviewという所の、下記のボタンから、予約を行うことが出来ます。

スクリーンショット 2016-07-27 20.37.51

このページに入ると、カレンダーが表示されるので、

スクリーンショット 2016-07-27 20.36.06

General Areaのものを選んで先に進みます。因みに、この記事を書いている現在2016年7月末ですが、8月と9月は既に満席でした。講習会は2週間に1回程度しかないので、早めに予約しましょう。

 

スクリーンショット 2016-07-27 20.36.23

カレンダーで日にちを選択すると、このようなページに飛びます。Book Nowのボタンからメールアドレスや名前などを登録すると予約完了です。

 

 

その後は講習会に参加し、講義を受けて許可証をもらうだけです。講義の中では、バスキングをやる上での規則や、やっても良い場所、ダメな場所などについての説明を受けます。

 

勿論全部英語ですが、講習後にテストなどはありません。(私の記憶の限りでは…。)

 

少し古いブログ記事で、ライセンス取得の際に一人ずつ演奏をさせられたという体験談もあるのですが、私が行った時(2014年)にはありませんでした。面倒になってやめちゃったのかもしれませんね~。

 

最後に…

許可証さえ取ってしまえば、後は実行するのみ!最初は怖いかもしれませんが思い切って頑張ってみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*